1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

星矢クルセイドは次弾待ち。


プロフィール

ポルポル

Author:ポルポル
 
このぴかりんジャンケン……
運否天賦じゃない
 
勝つのは知略走り
他人出し抜ける者……!

検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

将来
とりあえず北海道に戻ったら友達や後輩連中からノートを借りてコピーする作業。
まさしく大学の冬の風物詩である。

最近考えることだけど、例えば今のまま大学を中退したとして、どうやって生きていくのか。
ダメ人間の俺には出来れば避けておきたいけど避けては通れない問題だ。

地元に戻ってバイトでもしながら就活するんだろうか?
希望としては北海道に留まっていたいが、それこそ生活の目途も立つまい。
流石に親も専門学校の学費までも出してはくれないし、近頃は手に職をつけるのも難しいご時世だ。
実際、ちゃんと大学を卒業したとしても就職が厳しいというのに。
それに、なりたい職業とか、そういう将来の展望だってない。
モチベーションとか、進むべき道を見据えるとか、そんな部分で大きな違いがあるのは当然だ。

仲間や友達がいれば日々の暮らしはいくらでも楽しくできるけど、その仲間や友達は所詮他人で、
俺の生活費を出してもくれないし、就職させてもくれない……というのは暴論だとしても、
交友関係を人脈として活用するのも個人の能力だから、まったく的外れな話でもないんだよな。
できることなら優雅なヒモ生活。まあ無理だよな。無理無理。
コミュニケーション力とかどうやったら身につくんだろ。
そういう力を磨く授業とかを小学校や中学校のカリキュラムに組み込めばいいのに。
 
結論。正直なんか気分が悪くなってきた。今の段階では答えなんか出ない。
人間、答えが出るのに適当な時期に、個人の才能や努力の成果に応じた答えに辿り着くものだから。
 
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。