1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

星矢クルセイドは次弾待ち。


プロフィール

ポルポル

Author:ポルポル
 
このぴかりんジャンケン……
運否天賦じゃない
 
勝つのは知略走り
他人出し抜ける者……!

検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

疲れた
まあデュエマの大会も遊戯王の大会も普通に負けたっていうね。

大会の時に限って事故る俺のジェムナイト。
まあ先攻決めのジャンケンで負けるという致命的プレイングミスも響いた。
遊戯王は3つのシークエンスで説明することができ、ひとつが先攻決めのジャンケンで勝てるか、
ふたつめが初手にエフェクト・ヴェーラー等があるかどうか、みっつめが妨害カードを残せるか。
そのうちのふたつくらいをクリアし、かつ自分のデッキを回せれば勝てるんじゃないかな的な。
でも先攻を取られただけで負け確もありうるゲームなので、その辺はケースバイケースで。

で、ちょっと思ったんだけど、遊戯王とかデュエマをプレイする時は
「罪を憎んで人を憎まず」的精神を持っていることも大事なのかなと思ったり思わなかったり。
例えばヴォルグ・サンダーも、紅蓮の怒という調整不足カードの登場によってクソカードの代名詞に
なってる感じだけど、それは紅蓮とゾルゲとヴォルグの奇跡的シナジーによってそうなっただけで
決してデザイナーズコンボではないだろうし、ヴォルグ自体を嫌いになるのは違うんじゃないか、とね。
「そうなっちまってる」のはまあ仕方のないこととして、あまり過剰に文句を垂れない精神というか。

でもまあデッキ破壊が萎えるのは間違いないのでなんとかはして欲しいけどね。
 
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。